子育て世帯にありがたい医療費助成とは

子育て世帯にありがたい医療費助成とは

子育て世帯にありがたい医療費助成とは 子供が小さいうちは、病気をすることが多いので病院にかかる機会が多くなります。少子化対策の一環や、育児世帯への負担軽減のために、各自治体毎に医療費助成の制度を設けてくれています。対象年齢や、世帯、負担する金額等は自治体毎に差があります。私の今住む市では、小学生までが対象となり病院にかかった際は初診料の580円のみ支払う形になります。万が一入院した際にも、医療費の自己負担分を助成してもらえます。本当にありがたい制度だと思います。私の妹の住む市では、初診料プラス1割分の医療費の負担が必要だそうです。このように住んでいる場所によって助成内容には違いがあります。

助成を受けるためには、医療費受給者証を発行してもらう為にまず役所に申請が必要となります。その市町村に住民登録があることが必須条件の場合がほとんどです。また、所得制限を設けている自治体が多いので、申請時に世帯の所得を証明するものの提出が必要となります。扶養している家族の人数によって所得金額の上限値が設定されています。助成は主に住んでいる市町村・もしくは近郊の病院にかかる場合のみが対象の場合が多いです。ただし、他市町村の病院にかかった場合は一度窓口で自己負担で支払いをすることになりますが、後日領収書を提出すれば助成分が返金されるようになっています。今住んでいるのが、地方都市で、診察内容によっては都心部の大病院にかかることもあるのでそういった場合でも助成してもらえるので助かります。

Copyright (C)2014子育て世帯にありがたい医療費助成とは.All rights reserved.